テーマ:F1

F1 2016

PS4を手に入れてから一番最初に購入したソフトがF1 2016です。 このシリーズはPS3の2010から2013 Complete Editionまでプレイしてますが、2014以降はPS4を持っていなかったので未プレイ(2014はPS3版もありましたが買ってないです)。今回の2016は久々のプレイになります。 まだそれほどや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年・日本GP

今年も鈴鹿に行ったので、とりあえず写真。 ベッテルのドライバーズチャンピオンは決定したけど、バトンが意地をみせたって感じかな。 因みに、写真はバトンとみせかけてハミルトンです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年・日本GP

今年もF1日本GP観戦のため、鈴鹿に行ってきました。 今年は土曜の予選が雨のため順延となり、2004年以来となる日曜の午前中に予選、午後に決勝というスケジュールになりました。 とりあえず、兎にも角にも土曜日は本当に辛かった。 天候は自然現象だからしょうがないにしても、激しい雨の中、ポンチョのみで長時間耐えたけど、午前中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコGP

レッドブル2台がワンツー、それをマクラーレン2台が僅差で追いかける展開が続いていたと思ったら、まさかのレッドブル同士の接触。 まあ、レーシングアクシデントではあるけど、チームメイト同士で首位争いをしていただけに勿体ないとは思う。同じようにマクラーレンもチームメイト同士でやりあっていたけど、こちらは上手いことやってワンツー・フィニッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国GP

今年は駄目だろうと勝手に思っていたけど、今季2勝目。 参戦初年度は、鈴鹿5位入賞したり期待していたけど、以降はパッとしないというか評価を落としていって、昨年のチャンピオンも序盤のマシンの優位性と運が良かっただけと思っていた。 しかし、昨日みたいなレースで勝てるってことは、去年がフロックじゃ無かったってことで、バトンに対する評価を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーレーンGP決勝

やっぱり、アロンソとベッテルは別格ですね。 去年まではルノーで苦しんでいたけど、フェラーリに移籍して初戦から結果を出すあたりは、さすがアロンソといったところでしょうか。そして、トラブルを抱えながらも走りきったベッテルの強さを感じました。 シューマッハに関しては、可もなく不可もなくといったところでしょうか。とはいえ、4年ぶりレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーレーンGP

シューマッハの復帰、新規チームの参入、日本人ドライバーの小林可夢偉といつも以上に楽しみにしていた2010年のF1開幕戦。今年は、アルバートパークじゃなくてバーレーンです。 とりあえず、予選の結果だけみると、シューマッハがチームメイトに予選で負けるのをみるのはいつ以来だろう。てゆうか、全セッションで遅れを取るとなるとベネトン移籍直後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林可夢偉

バレンシア合同テストで、小林可夢偉がマッサに次ぐ2番手タイムを記録したみたいですね。 まあ、この時期のテスト結果は参考にならないかもしれないけど、昨シーズンみせた走り、ザウバーというチームも含めて楽しみではある。正直、開幕前に日本人ドライバーに期待するのは初めてかもしれない。 他にも今年は参戦するチームが増えたり、シューマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューマッハ復帰

前々から噂になっていたシューマッハ(勿論ミハエルの方)の復帰が正式発表されました。 最初は、まさかと思っていたのが現実的な話になってきて、これは本当に復帰しそうだなと思っていたところでの正式発表。年齢的にどうだろうと思う反面、シューマッハなら何とかなるだろうとも思う。とりあえず、95年のマンセルみたいにならないことを期待します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルセデスGP

昨晩は驚きました。 メルセデスがブラウンGPを買収してフルワークス参戦。参戦初年度からチャンピオンになったチームが1年で買収されるとは…バトンの去就が話題になっていたし、これからどうなっていくのでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタF1撤退

富士スピードウェイでの開催を取り止めた時点で予想はしてました。だから驚きはしません。 来年一杯でBSも撤退するし、これでチームにタイヤ、日本絡みのものはF1から全て無くなるわけですね。ホンダがエンジン供給を止めて、BSがタイヤ供給を始める前の90年代半ばでも、無限やヤマハがエンジン供給をしていたから日本が完全にF1に関わらなくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2009年・日本GP

10月2日~4日、F1日本GPを観戦してきました。 2006年以来、3年振りの鈴鹿。 2007年の富士で散々な目に遭い2008年はテレビ観戦にしたため、2年振りのF1観戦です。 予選はQ2で2回、Q3で1回の計3回も赤旗中断となる波乱の展開でした。 2回目の赤旗中断の原因となったトヨタのグロック。 残念なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロンソ、フェラーリに移籍

アロンソのフェラーリ移籍が決まったみたいですね。 これによってライコネンがマクラーレンにいくみたいだけど、ライコネンとハミルトンって大丈夫なのでしょうか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールGP決勝

終わってみれば表彰台はハミルトン、グロック、アロンソの順、その後にチャンピオン争いを繰り広げるベッテル、バトン、バリチェロ。 今年はバトンの独走で始まって、それが失速したと思ったらレッドブルの飛躍。その後はフェラーリ、マクラーレンが復調の兆しをみせたかと思ったらフォース・インディアが好走するようになったり、開幕前は予想もしなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールGP

ルマンやハコの耐久レースでナイトセクションをヘッドライトを点灯させて走る姿は好きです。 だけど、F1で唯一のナイトレースとなるシンガポールGPは正直どうなんだろう。さすがにフォーミュラカーにヘッドライトをつけて走らすのはどうかと思うけど、照明でコースが明るすぎるのも昼間走るのと何が違うのだろうと思ってしまう。 まあ、実際に照…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴鹿

来年の日本GPは鈴鹿で開催されることが決定したらしい。 これで来年のカレンダーから日本GPが消えずに済んで良かった。 思えば、日本GPは毎年欠かさず現地で観戦していたのに、2007年の富士で散々な目にあったので2008年は行かなかった。まあ2008年は大分改善されていたらしいけど、トラウマもあるのでF1に関しては富士より鈴鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルカ・バドエル

シューマッハといえど3年のブランクを克服するのは難しいだろと思いながら、もしかしてと期待もしていた。 だが、結局シューマッハの復帰は取り止めとなり、マッサの替わりはルカ・バドエルが勤めることになった。 長年テストドライバーとしてチームに貢献してきたドライバーが日の光を浴びるのは嬉しいし、好きだったミナルディに乗っていたこともある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルGP

別にマッサが好きなわけではないが、ベッテルがハミルトンをオーバーテイクした瞬間「よしっ」と思った。 もうマッサのチャンピオン決定かと思ったのに、まさか最終ラップの最終コーナーであんな事になるとは…グロック。 それにしても、フェラーリのぬか喜び…切なかった。 正直、今年はチャンピオン争いよりも、アロンソ、クビサ、ベッテルの3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士への来場は全てバス

来年からF1日本GPが開催される富士スピードウェイですが、こちらの記事によると「チケット&ライドシステム」とやらで、来場は全て無料シャトルバスとなるそうです。 確かにGTなどでも周辺の道路が渋滞するぐらいなので、F1となるとさらに悲惨な状況になることは想像できますが、シャトルバス以外でのアクセス方法が無いというのも、それはそれで不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・ブラジルGP

今季最終戦のブラジルGP決勝、PPスタートのマッサが優勝しました。 2位はアロンソ、3位バトン、4位はこれがラストランとなるミハエル・シューマッハ、以降はライコネン、フィジケラ、バリチェロ、デ・ラ・ロサ、クビサ、そして佐藤琢磨が今季最高の10位という結果です。 マッサが母国GPで優勝、そして2年連続となるアロンソのドライバーズタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・中国GP

フロントローに2台並んだルノーが有利かと思われた中国GPですが、6番手スタートのミハエル・シューマッハがモンツァに続き優勝しました。 2位はPPスタートのアロンソ、3位フィジケラ、4位バトン、以降はデ・ラ・ロサ、バリチェッロ、ハイドフェルド、ウェーバー、クルサード、リウッツィという結果です。 ついに、ポイントランキングでミハエル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・イタリアGP決勝

フェラーリのお膝元モンツァで、フェラーリのミハエル・シューマッハが通算90勝目の優勝を果たしました。 2位はPPスタートのライコネン、3位はハンガリーGP以降ヴィルヌーヴに代わって参戦しているザウバーのクビサ、4位フィジケラ、以降はバトン、バリチェロ、トゥルーリハイドフェルド、マッサ、ウェーバーという結果です。 それにしても、徐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・イタリアGP予選

今週は、フェラーリのお膝元モンツァでおこなわれるイタリアGPです。 予選の結果、マクラーレンのライコネンがPPを獲得。2番手はミハエル・シューマッハ、3番手ハイドフェルド、4番手マッサ、以降はバトン、クビサ、デ・ラ・ロサ、バリチェッロ、フィジケラ、アロンソと続きます。 因みに、アロンソはマッサの進路を妨げたとしてベストタイム上位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・トルコGP決勝

トルコGP決勝は、PPスタートのマッサが参戦4年目にして初優勝を飾りました。 2位はアロンソ、3位ミハエル・シューマッハ、4位はホンダのバトンで、以降はデ・ラ・ロサ、フィジケラ、ラルフ、バリチェッロ、トゥルーリ、ウェーバーという結果です。 マッサにとっては、予選でのPP獲得も初なら、決勝でも初優勝を果たせたのだから最高のGPとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・トルコGP予選

前戦ハンガリーGPから3週間の夏休みを挟んで、今週はトルコGPです。 予選の結果、フェラーリのフェリペ・マッサがPPを獲得。2番手はミハエル・シューマッハ、フェラーリの2台がフロントローに並びました。 3番手アロンソ、4番手フィジケラとルノーの2台がセカンドローに並び、以降は、ラルフ、ハイドフェルド、バトン、ライコネン、クビサ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GRAND PRIX CHALLENGE

3、4年前に買ったゲームですが、PS2の「GRAND PRIX CHALLENGE」を今でもたまにやります。 今まで、かなりの数のレースゲームをプレイしましたが、個人的にはPS2のF1ゲームの中では最高傑作だと思います。 F1以外のレースゲームを含めても、これ以上のものは早々ありません。 随分前に発売されたゲームなので、データ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・ハンガリーGP決勝

初日から波乱含みのハンガリーGPですが、決勝はそれ以上に大波乱となりました。 あまりにも色々とありすぎて何から書いていいのか解りませんが、ここ最近ではこうも劇的な展開になったレースはなかったのではないでしょうか。 今シーズン初のウェットコンディション、タイトル争いを演じるミハエルとアロンソは、それぞれ11番グリッド、15番グリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年・ハンガリーGP予選

アロンソ、ミハエル・シューマッハへのペナルティが話題になる中、ドイツGPに続きライコネンがPPを獲得しました。 2番手はマッサ、3番手バリチェロ、4番手バトン、5番手デ・ラ・ロサ、以降は、ウェーバー、ラルフ、フィジケラ、トゥルーリ、ロバート・クビカの順。全ピリオドで2秒加算のペナルティを科せられたミハエルとアロンソは共に第2ピリオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロンソ、ミハエルにペナルティ

ハンガロリンクで行われるハンガリーGPですが、アロンソにペナルティが科せられるというので話題になっています。 初日のフリー走行2回目で、ロバート・ドーンボス(レッドブル)の進路を妨害したと見なされ、さらに黄旗区間での追い越し行為がペナルティの対象となり、予選の全ピリオドで2秒加算されることになったそうです。 で、アロンソだけかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィリアムズ、2007年のドライバーラインアップを発表

ウィリアムズが、2007年をアレクサンダー・ブルツ、ニコ・ロズベルグのドライバーラインアップで臨むことを発表しました。 ブルツがレギュラードライバーとして参戦するのは久し振りですね。 2000年の鈴鹿、僕はスプーンのエリアで観戦していたのですが当時、ブルツはベネトンのドライバーとしてF1に参戦していました。 で、そのスプーンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more