Winning Post 9

少し前の話になりますが、3月28日に発売された「Winning Post 9」のSwitch版を購入しました。
Switch版のウイポを買うのは、前作である8の2018年版に続き、今回で2本目です。

前作でも時間を掛けて騎手、調教師、馬主、牧場を実名化したのだけど、今回はナンバリングが進みエディットデータの引き継ぎが出来ないため、また一から実名化を行いました。この実名化作業は苦行以外のなにものでもないで、いい加減なんとかして欲しいですが、その作業も一通り終わりプレイを開始したので現時点での感想を書きたいと思います。

結論から言うと、面白くないです。過去のナンバリング無印と比較しても今回は歴代最低かもしれません。

初代のPC版から様々な機種で、このシリーズをプレイしてきましたが、初代(PK含む)、2、3と進むごとに良くなっていき、6で一区切り、7で過去作を踏襲しながらも史実を追従する形になったあたりで競馬ゲームとしては進化が止まったように思えます。
その後は、7のマイナーチェンジを10年近くおこない、やっと出た8は、7をベースに結婚システムなどが追加されましたが、競馬には関係ない要素のうえ、7にあって8に無いものもあるので、人によっては退化したと思うかも知れません。個人的には、8は世界頂上決戦が鬱陶しかったです。
今回の9は8から結婚などを取り除き、その他にも色々と削り、新たなシステムを追加してものになります。

まず、気になったのがUIの酷さ。決定、キャンセルがA、Bボタンというのはよくありますが、設定反映、確定がXボタン、会話の早送りがZRボタンなど、実際にやってみないと判らないと思いますが酷いです。マウス、キーボードでやるであろうPC版は判りませんが、恐らくPS4版も同じように酷いのではないかと思います。

そして、今回の目玉だと思われる絆コマンド、ライバル対決ですが、なんでこんなもの入れたのだろうというレベルです。
絆コマンドは、特定の条件で手に入るコマンドを使うことで、所有馬の能力を上げる、人物と出会う、といった恩恵を受けられるものなのですが、なんだかソシャゲのキャラ強化要素みたいで安っぽいうえ、コマンド入手時の演出が鬱陶しいです。ライバル対決は、レースの勝敗でライバル認定して、同一レースに出走すると余計な演出が入るのですが、これがまた鬱陶しい。
これらを面白いと思う人がいるのであれば申し訳ありませんが、個人的にどちらも不要なもので、これらのせいでテンポが悪くなっているので最悪です。

そういえば、8の開始年は1982年だったけど、今回は1991年スタートになります。
これに関しては、7で初めて史実期間を取り入れた時は1984年から20年間くらいだったのが、8の2018では1982年~2018年で36年間となったので調整したのでしょうか。
シンボリルドルフだったり、競馬ブームの主役オグリキャップが引退後のスタートは、人によってはマイナスかも知れませんが、1982年は古すぎるという人もいるだろうし難しいところです。G1ジョッキーのように始める年を選べるといいのですが、難しいのですかね。

7から8になった時もクラブなどが無くなりましたが、マイナーチェンジである年度版で追加されたりしたので、恐らく来年以降に発売される年度版で色々追加されるかも知れません。ですが、今回の9がベースになると考えると、8にあって9に無い要素が追加されたとしても、面白くなるかは疑問です。

競馬ゲームが昔のように盛り上がることは、もう無いだろうし、競合相手がほぼいない状態なので、不満はあっても何だかんだで買ってしまうのが悔しい。
来年出るであろう「Winning Post 9 2020」が、予想を裏切り良作であることを期待します。


Winning Post 9 - Switch
コーエーテクモゲームス
2019-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

平成最後の日

明日から令和なので、今日が平成最後の日。

昭和から平成になるときは、一日中テレビで天皇崩御の特別番組をCMなしでやっていて、なんだか世の中が大きく変わる気がしたけど、今回はごく普通の一日に感じる。

何はともあれ、新しい年号でも平穏無事に過ごせるよう頑張ります。

SENNHEISER MOMENTUM True Wireless

昨年末に発売されて以来、気になっていたゼンハイザーのMOMENTUM True Wirelessを購入しました。

そのうち買おうとヨドバシ.comのカートに入れて後で買うとしていたのですが、今までは4万弱という値段に踏み切れずいたところ、一気に一万円近く下がって29,350円。かつポイント13%で3,816ポイントがつくので購入を決めました。

画像

外箱を開けると左右のイヤホンとケースが登場。
この下には、Type-Cケーブル、イヤーチップ、マニュアルが入ってます。

画像

とりあえず、iPhoneとのペアリングを済ませて使ってみた感想。

ケーブルが無いというのは、やはり快適です。
完全ワイヤレスイヤホンを使用するのは初めてなので他との比較は出来ないですが、一度ペアリングを済ませておけば次からはケースから出すと即座にペアリングが終わり、耳から外したら自動的に曲を一時停止したり、この手のイヤホンに慣れている人には当たり前なのかも知れませんが、便利だなと思いました。

ネットでエージングが終わるまで音質がイマイチみたいな評価も見かけましたが、開封後すぐに使った感じでも、そこまで悪くないと思います。同じゼンハイザーのMOMENTUM Freeも所有しているのですが、MOMENTUM Freeの方が少しだけ低音が強い気がします。このあたりは好みの差で、どちらが上ということでもありません。
因みに、Bluetoothイヤホンは、いくつか所有してますが、その中ではMOMENTUM Freeが一番だと思っていました。なので、現時点での印象になりますが、MOMENTUM True Wirelessも同じレベルで良いイヤホンだと思います。

気になるのは、外で使っている時に耳から外れないかでしょうか。満員電車で落としたら最後だなとか考えてしまいます。左右をケーブルで繋いだタイプであれば、耳から外れても首に掛かったケーブルのおかげで大丈夫な場面でも、このタイプのイヤホンだと無くしてしまうのではないかと心配になります。
ワイヤレスイヤホンであれば左右一体型であっても、そこまでケーブルを煩わしいと思ったことはないので、外で使うなら、こちらの方が精神衛生上はいいかも。

使用時間が2~3時間程度というのは、通勤時のみ使用してケースにしまって充電とかなら問題ないと思いますが、日常的に使うには少し短いかも。良いところでバッテリーが切れると気が逸れるので、意識して小まめにケースに入れて充電するなどの対応が必要そう。そのあたりが気になる人は、Bluetoothであってもオーバーヘッド型のヘッドホン、イヤホンならネックバンド型、左右一体型を選んだ方が良いと思います。

短時間ではありますが触ってみて、気になる点もありますが悪くない感じです。
今後、使っていくうちに不満が出てくるかも知れませんが、今のところ買って良かったと思ってます。



Winning Post 8 2017

毎年発売されるシリーズものゲームで必ず買っているものが二つあります。一つがプロ野球スピリッツ、もう一つがウイニングポスト。とはいえ、プロスピは2015年を最後に出なくなったので現在はウイポのみです。

で、今年もウイポの新作が出たのでVita版を購入しました。
因みにウイポの8が最初に発売されたのは2014年で、それ以降は2015年、2016年とマイナーチェンジ版が発売され今回は2017年版になります。毎年出てるけど正直なところゲーム内容はほぼ同じで一部データが最新になっている程度。今年で言えば、大阪杯やホープフルSがG1なっていたり、昨年デビューした新人騎手が増えたりといった感じ。例えば話題になった藤田菜七子騎手(実名ではないけど)などが追加されています。あと新しい秘書が選べるとかもあるけど、ハッキリ言ってどうでもいいです。

ウイポ8はゲーム開始時に、1982年とタイトルについている年の翌年、どちらからスタートするか選択します。ゲーム内の競馬界は1982年からタイトルについている年までが史実期間で、それ以降が架空期間。1982年から始めると史実期間後に架空期間に入っていきます。
僕はいつも1982年から始めるのですが、史実期間を終えることなくやめてしまいます。なので新人騎手が増えたところで登場するまで至りません。更には大阪杯がG1になったのは今年なので過去の大阪杯までG1なのはおかしいとかあるけど、その辺はゲームと割り切るしかない。
なんていうか、新しいものを買う意味が全く無いように思えます。

今回は、少し前にPS4を買ったのでPS4版とVita版どちらにするか悩みましたが、このページによるとストーリーデータはクロスセーブに対応しているので引き継ぎ可能だけど、エディットデータは他機種間の移行が出来ないようです。
最初の無印8を買ったときに騎手、調教師、馬主、牧場関係を数十時間掛けてエディットで実名化しました。それを2015に移行して追加分のみ修正。更にそれを2016と移行して追加分を修正。今回も同様に追加分の修正をおこないました。もしPS4版を買っていたら追加分だけでなく、最初からエディットしなければならないと考えると面倒くさいのでVita版を選びました。

ゲーム内容に関しては大きく変わることもなく、いつものウイポです。レース前のロードが長かったり、オート進行が遅かったりするのもVita版は前からなので今更あれこれ言うつもりもありません。
とはいえ、もしこのゲームを買おうと思っていてPS4やPC版どれにするか悩んでいるのであれば、外でやりたい、布団の中で寝転がってやりたい、もしくは僕と同じような理由とかでなければ、Vita版ではなくPS4もしくはPC版を買った方がストレスは少ないと思います。

それにしても、無印から対して変わっていないのに毎年フルプライス。もっと言うとタイトルこそ8ですが7と大きく違わないので、十数年前に発売された無印の7から毎年マイナーチェンジを繰り返しているだけに思えます。正直どうなんだろう。

以前はダビスタをはじめ数々の競馬ゲームがありましたが、まともに続いているのはウイポくらい。出るだけマシと思うしかないのかな。因みにスマホで出ているダービースタリオンマスターズ、ウイニングポストスタリオン、ダービーインパクトなども少しやりましたが、どれも長続きしませんでした。やっぱりゲーム機で競馬ゲームをプレイしたいです。


Winning Post 8 2017 - PS Vita
コーエーテクモゲームス
2017-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Winning Post 8 2017 - PS Vita の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


FIFA 17

PSストアをのぞいたらEAのゲームのセールをやっていたので「FIFA 17」を購入。

今回の17からJリーグも収録って事なのでPS4を買う前から欲しいと思っていたのですが、発売から数ヶ月経っていて、その間にあった移籍などが反映されていないだろうこと、他にやりたいゲームがあったことなどを理由に買わずにいました。しかし、このセールがかなりのもので一応最新作にも関わらず60%OFFとかだったので思わず買っちゃいました。

画像

FIFAシリーズといえばウイイレと並ぶ2大サッカーゲームの一つですが、最近は売り上げも内容もFIFAが圧勝というのが多くの人の意見だと思います。
それでもJリーグはFIFAには無かったので、それが収録されたとなるとウイイレは今後、更に厳しくなるのではないでしょうか。

以前は、コナミがウイイレのJリーグ版をだしていたのですが、いつの間にかウイイレはワールド版のみとなり、その後、ワールド版にJリーグパックって形でJリーグのチームでプレイするためのパッチが販売されたりしました。
僕もPS3のウイイレ 2013のJリーグパックを購入しましたが、Jリーグと海外チーム間の移籍は出来ない、スタジアムはワールド版の流用という、なんとも中途半端なものでした。

最初からJリーグを収録している「ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦」なんていうのもありましたが、こちらもスタジアムは埼玉スタジアム以外は海外のものばかり、この蒼き侍の挑戦に関しては3DS版を買ってプレイしていましたが、それは不満はあるけどJリーグでやるには他に選択肢がないからで、これ以降はウイイレというかサッカーゲームから遠ざかっていました。
そんな中、昨年のFIFAにJリーグが収録されるという発表は個人的には大ニュースでした。

とはいえ、FIFA 17のJリーグに関しては収録されているのはJ1のみ、スタジアムも吹田くらいしかないけど、それでも今まで未収録だったものが入っているのは大きい。今後、J2、J3も収録され、更にはスタジアムも増えたら嬉しいです。



FIFA 17 -PS4
エレクトロニック・アーツ
2016-09-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by FIFA 17 -PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


プレミアムフライデー

社会人として恥ずかしいのですが今日まで、こんな制度が出来るとか知りませんでした。
しかも2017年2月24日って今週末からですか…。

多くの会社の実情とか知らない人が考えたんだろうな…。来年には無かったことにされてそう。

ゴールドアリュール

ゴールドアリュールが急死したらしい。

明日のフェブラリーSにも産駒のゴールドドリーム、コパノリッキーの2頭が出走。サインとかそういうのではないと思うけど、よりにもよってこのタイミングとは。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

F1 2016

PS4を手に入れてから一番最初に購入したソフトがF1 2016です。

このシリーズはPS3の2010から2013 Complete Editionまでプレイしてますが、2014以降はPS4を持っていなかったので未プレイ(2014はPS3版もありましたが買ってないです)。今回の2016は久々のプレイになります。

まだそれほどやり込んでないので現時点での感想になりますが、かなり面白いです。過去作だと2013 Complete Editionがシリーズ最高峰と評判らしいですが、それ以上かも知れません。
個人的に良いなと思ったのはフリー走行。フリー走行でタイヤテストや異なるセッティングでタイムを出すといったような課題をクリアすることでポイントを貰え、そのポイントを使ってマシンをアップデートすることが出来ます。その為、他のF1ゲームだとフリー走行をスキップして予選と決勝のみ走ることが殆どでしたが、このゲームではフリー走行も走ろうと思えます。

画像

F1を題材にしたゲームはファミコン初期の任天堂のF1レースから始まって、かなりの数をプレイしてますが、その中でも上位に入ると思います。PS4だけあってグラフィックはキレイ、PS3初期に出たソニーのF1ゲーム以来だと思われるフォーメーションラップあり、2015で廃止された(らしい)キャリアモード復活。これで2013のように昔のマシンを収録したり、更には過去シーズンを体験できるモードとかあったりしたら最強だと思う。

関係ないですが、PS4を買って初めてのゲームなので、まさかコントローラーから音が出るとは思わずビックリしました。


F1 2016 - PS4
ユービーアイソフト
2016-09-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by F1 2016 - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


アーケードアーカイブス

PS4を買ってからPS4用のソフトも数本買ったけど、もっぱらアーケードアーカイブスばかりやっています。

アーケードアーカイブスとはPSストアで販売している昔のアーケードゲームのことですが懐かしさもあって、つい買ってしまいます。
今のところ以下のゲームを購入しました。

  • グラディウス

  • 沙羅曼蛇

  • グラディウスII -GOFERの野望-

  • ツインビー

  • ダライアス

  • バブルボブル

  • 奇々怪界

  • スターフォース

  • テラクレスタ

  • 熱血硬派くにおくん

  • ダブルドラゴン

  • ダブルドラゴンII ザ・リベンジ


この中だと特に「熱血硬派くにおくん」をよくプレイしています。
小学生の頃にゲーセン版もファミコン版もやったことがあるので懐かしいです。更には今から15年くらい前、新宿のアルタの裏にあったゲーセンの地下に置いてあったので仕事帰りによくプレイしてました。
改めてプレイすると古いゲームではありますが、やっぱり面白いです。みすずの往復ビンタが恐ろしい。

画像

ダライアスは解像度的には完全再現なんだろうけど、あの3画面をくっつけた特殊筐体の迫力はさすがに再現するのは難しいですね。そういえば、この頃のタイトーはオペレーションウルフとかコンチネンタルサーカスとか先鋭的な筐体が多かった気がします。
そして、グラディウスシリーズに関しては、この時点で既に横スクロールシューティングの完成形だと思う。

他も殆どは小学生~中学生の頃にゲーセンでプレイしたことありますが、ツインビーとテラクレスタはファミコン版しかやったことなかったです。

なんていうか、これらのゲームが稼働してた80年代はUFOキャッチャーや音ゲー、格闘ゲームばかりの今のゲーセンと違って最高でした。


熱血硬派くにおくん
テクノスジャパン
1987-04-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 熱血硬派くにおくん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


PS4 Pro

PS4 Proを購入しました。

画像

欲しいとは思っていたけど今まで買わずにいたので初PS4。
省電力のSlimとどちらにするか悩んだけど後悔しないようハイスペックなProを選択。

画像

箱から出したばかりのPS4 Pro本体とDUALSHOCK 4。

画像

とりあえず、PS4を買ったらやってみたいと思っていたF1 2016のダウンロード版を購入。
ある程度は覚悟していたけど、まさかここまでダウンロードに時間が掛かるとは思いませんでした。
今日のところはプレイを諦め、明日以降の楽しみとします。



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

傷物語〈I 鉄血篇〉

「傷物語〈I 鉄血篇〉」を観てきた。

観て損をしたとは全く思わないくらい画がキレイで話も悪くなかったです。
でも、一時間ちょっとというのは、やっぱり映画としては短いかな。この時間なら映画じゃなくてもと思う反面、この作画はテレビでは無理なのかなとも思う。

これからというところで終わったので、何ともモヤモヤした感じ。
続編の「傷物語〈Ⅱ熱血篇〉」は2016年夏公開らしいですが、早く続きが観たいです。


傷物語 涜葬版
講談社
西尾 維新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 傷物語 涜葬版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ダービースタリオンGOLD

発売して約2ヶ月経つので今更だけど、3DSのダービースタリオンGOLDをプレイしてます。

FCの全国版からDSまで、FC初代と64以外は全てプレイしているけど、SFCの3、96あたりをピークに、どんどん悪くなる一方で前作のDSは過去最低の出来だったと思う。
そのDSで、もっとも評価を落とす原因であった追い込み以外選択肢がないレースバランスは多少マシになった気がするけど、まだ良いとは言えない出来。さらにはレース以外の部分で退化していたり、一歩進んで三歩下がった感じ。

とりあえず、メイン画面といえる牧場の全体を表示している画面に所持金の表示が無かったり、セリの一覧に開始値が表示されていなかったりUI部分が酷い。放牧コマンドが無くなり入厩したら引退するまで牧場に帰れない、美浦と栗東の東西トレセンが無くなって、画面でみると牧場内に厩舎があるような感じになっていたり、よく判らないことになっています。

海外レースとまでは言わないけど、地方の交流レースが無いのは今の時代では厳しい気がする。ダート馬にとって中央の重賞路線のみでは寂しすぎる。
BCが無くなって、個人的には微妙としか思えないインターレース。一時は専門誌まで発刊されていたダビスタなのに、どうしてこうなってしまったのだろう。
それでも、あと1レースでやめようと思って数レースやってしまうとかダビスタ特有の中毒性があったりする。

20年くらい前は多くの競馬ゲームが発売されていたけど、今では毎年マイナーチェンジを繰り返すウイニングポストのみ。正直、期待していなかったのでショックは小さいけど、ダビスタには頑張って欲しかったです。



プロ野球スピリッツ2014

今日発売のプロ野球スピリッツ2014と戦国無双4を購入した。どちらもVITA版。

プロ野球スピリッツ2014を少しだけプレイしたけどメニュー画面のUIが変わっているのが違和感。

とりあえず、2013で作った選手をコンバートしてチーム編成、ペナントを開始。試合開始前のロード時間が2013よりも長くなった気がする。投球予測など新システムがどう影響するかは少し触っただけなので未知数。


プロ野球スピリッツ2014
コナミデジタルエンタテインメント
2014-03-20


Amazonアソシエイト by プロ野球スピリッツ2014 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ドラゴンボールZ 神と神

「ドラゴンボールZ 神と神」を観てきた。

なんでもドラゴンボールの映画は17年ぶりらしいけど、ドラゴンボールらしい爽快感もあって面白かったです。
原作者自ら脚本に手を貸しているそうで、流石にハリウッドのアレとは比較になりませんでした。

とりあえず、この映画を観ればベジータへの好感度がかなり上がると思う。

サイバーショットDSC-RX1

ソニーが発表したサイバーショットDSC-RX1が何だか凄い。

コンデジにフルサイズセンサー搭載、レンズはカールツァイス。店頭予想価格が25万円前後ということなので簡単には買えないけど、フルサイズを気軽に持ち歩けるのは大きいと思う。

スーパームーン現象

昨日(5/5)は、スーパームーン現象の日だったらしい。

というわけで、月の写真を撮ってきました。

画像

なんでもスーパームーン現象というのは月が地球にもっとも近づく日の事で、月がいつもより大きく、そして明るく見える日なのらしい。

因みに、カメラはEOS 7D、レンズはEF70-200mm F2.8L IS II USM + エクステンダー EF1.4× IIIです。
200mm × 1.4 × 1.6で448mm相当だけど、流石に小さいのでトリミングしてます。

確かにいつもより明るかった気がするけど、大きいのかどうかは正直よく判りませんでした。

2011年・日本GP

今年も鈴鹿に行ったので、とりあえず写真。

画像

ベッテルのドライバーズチャンピオンは決定したけど、バトンが意地をみせたって感じかな。

因みに、写真はバトンとみせかけてハミルトンです。

サッカーボーイ

シンボリルドルフの悲報の数日後、サッカーボーイ死去のニュースもありました。

サッカーボーイといえばマイルチャンピオンシップは勿論だけど、やっぱり函館記念かな。
同世代っていうと、なんといってもオグリキャップなわけですが、もしサッカーボーイが無事であったなら同じようにマイル~中距離の得意な二頭はどうなっていたのだろう。

昭和の最後、競馬ブームの始まりの年、サッカーボーイの活躍した88年は時代の節目って感じがします。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

シンボリルドルフ

少し前のことになりますが、シンボリルドルフ死去というニュースがありました。

ルドルフといえば、日本競馬史上初の無敗での三冠馬。ディープインパクトが同じく無敗での三冠を達成した今でも史上最強馬に挙げる人は多いと思います。
そして、種牡馬としても初年度産駒からトウカイテイオー、キョウワホウセキを輩出し、以降も大成功を収めると思っていました。結局、テイオーを超える産駒は出てこなかったけど、テイオーだけでも競馬史に残る馬なのだから大したものです。ダビスタでもノーザンテーストの2000万に次ぐ1600万という高額種付け料だったと思います(古い記憶なので間違ってるかも…)。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

オフサイドトラップ

98年の天皇賞・秋を制したオフサイドが亡くなったそうです。

で、気になったがYahooの見出し。

画像

確かに98年の天皇賞・秋といえばサイレンススズカが競争中止となったレースだけど、これはない。
わざわざ「スズカ悲劇の98天皇賞馬」なんて書かないで、ちゃんとオフサイドトラップと書いて欲しい。

98年といえばナリタブライアンが亡くなった年でもあります。屈腱炎に苦しみながらもここまできて、同世代の三冠馬が亡くなった数日後に8歳での天皇賞制覇。なんていうか、もう少し勝った馬を称えてもバチは当たらないと思います。

謹んでご冥福をお祈りいたします。