テーマ:競馬

Winning Post 9

少し前の話になりますが、3月28日に発売された「Winning Post 9」のSwitch版を購入しました。 Switch版のウイポを買うのは、前作である8の2018年版に続き、今回で2本目です。 前作でも時間を掛けて騎手、調教師、馬主、牧場を実名化したのだけど、今回はナンバリングが進みエディットデータの引き継ぎが出来ないため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winning Post 8 2017

毎年発売されるシリーズものゲームで必ず買っているものが二つあります。一つがプロ野球スピリッツ、もう一つがウイニングポスト。とはいえ、プロスピは2015年を最後に出なくなったので現在はウイポのみです。 で、今年もウイポの新作が出たのでVita版を購入しました。 因みにウイポの8が最初に発売されたのは2014年で、それ以降は2015…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールドアリュール

ゴールドアリュールが急死したらしい。 明日のフェブラリーSにも産駒のゴールドドリーム、コパノリッキーの2頭が出走。サインとかそういうのではないと思うけど、よりにもよってこのタイミングとは。 謹んでご冥福をお祈りいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダービースタリオンGOLD

発売して約2ヶ月経つので今更だけど、3DSのダービースタリオンGOLDをプレイしてます。 FCの全国版からDSまで、FC初代と64以外は全てプレイしているけど、SFCの3、96あたりをピークに、どんどん悪くなる一方で前作のDSは過去最低の出来だったと思う。 そのDSで、もっとも評価を落とす原因であった追い込み以外選択肢がないレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーボーイ

シンボリルドルフの悲報の数日後、サッカーボーイ死去のニュースもありました。 サッカーボーイといえばマイルチャンピオンシップは勿論だけど、やっぱり函館記念かな。 同世代っていうと、なんといってもオグリキャップなわけですが、もしサッカーボーイが無事であったなら同じようにマイル~中距離の得意な二頭はどうなっていたのだろう。 昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンボリルドルフ

少し前のことになりますが、シンボリルドルフ死去というニュースがありました。 ルドルフといえば、日本競馬史上初の無敗での三冠馬。ディープインパクトが同じく無敗での三冠を達成した今でも史上最強馬に挙げる人は多いと思います。 そして、種牡馬としても初年度産駒からトウカイテイオー、キョウワホウセキを輩出し、以降も大成功を収めると思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフサイドトラップ

98年の天皇賞・秋を制したオフサイドが亡くなったそうです。 で、気になったがYahooの見出し。 確かに98年の天皇賞・秋といえばサイレンススズカが競争中止となったレースだけど、これはない。 わざわざ「スズカ悲劇の98天皇賞馬」なんて書かないで、ちゃんとオフサイドトラップと書いて欲しい。 98年といえばナリタブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパークリーク死去

オグリキャップに続き、今度はスーパークリークが亡くなったそうです。 数多くのG1を勝ってきた武豊騎手ですが、その始まりはこの馬でした。 今でも武豊というと、ディープインパクト等ではなく、この馬を思い出します。 これで三強はイナリワンだけになってしまいましたね。 また一つ時代の灯が消えたような気がして何だか寂しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芦毛の怪物

先日亡くなったオグリキャップについて、書こうと思います。 今年で35歳になる僕にとって、オグリキャップが中央で走った88年~90年は、ほぼ中学3年間と一致します。 中学生なので毎週、競馬場に足を運んでなんてことは無かったけど、親父の影響で小学生の頃からテレビで競馬中継を観たり、時には府中に行くこともありました。 昭和64年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグリキャップ死去

オグリキャップが亡くなったことをニュースで知りました。 正直、3強といわれた3頭の中では、ムラッ気があっても強いときは強いイナリワンが一番好きでした。それでも、中央入りからタマモクロスとの芦毛対決、5歳(現4歳)の春は全休だったとはいえ秋の6連戦、しかもマイルCS、ジャパンカップの連闘は、どちらも激戦だっただけに驚いたものです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オークス

平場とか1着以外ではなく、G1でしかも1着同着となると史上初らしい。 観ていた感じでは、勢いは差し返してきたサンテミリオンだけど、クビの上げ下げで前に突き出したアパパネといったところでしょうか。際どいとは思ったけど、まさか同着とは思いもしませんでした。 マキバオーとカスケードのダービーを思い出しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バブルガムフェロー

バブルガムフェローが肺炎のため死亡したそうです。 1996年の天皇賞・秋、当時の僕は本当にお金がなくて、負けたら携帯代も払えない状況でした。そんな中、一番人気のサクラローレルを外して、当時4歳(現3歳)だったバブルガムフェローからマヤノトップガン、マーベラスサンデーに流して勝負。結果、バブルガムフェローのおかげで携帯代も払え、尚か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落馬

一昨日の話だけど、16頭中9頭が落馬したニュースには驚きました。 次々と落馬していく映像を何度も見ましたが、何度みても信じられない光景。通常のニュースでパトロールビデオが何度も流れるなんて思ってもいませんでした。 個人的に落馬で思い出すのは岡潤一郎の事故。あのときは後続の馬に踏まれる岡の姿が衝撃的でした。 今回は内田博幸騎手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯

前2頭が上手いことやったのか後ろ16頭が悪いのか判らないけど、あれじゃ後ろの馬が届くわけない。 ブエナはよく追い込んだと思うけど、流石にあそこからじゃ無理でしょ。なんていうか、昔みたプリティキャストの天皇賞のような衝撃的なレースでした。 メジロパーマーが逃げ切った有馬記念、マヤノトップガンの有馬記念、サニーブライアンのダービー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウカイテイオー

去年のオグリキャップに続き、今年はトウカイテイオーが東京競馬場に来たみたいですね。 今日はテレビで見たのですが、同じく東京競馬場で行われた引退式は生で見ました。引退式は94年なので、テイオーが東京に来るのは15年振りになるのですね。 テイオーと言えば、現役時代は3度の骨折に泣かされましたが、それでもG1を4勝しています。無敗で三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロデュレン

数日前、メジロデュレンが死去したことをニュースで知った。 メジロデュレンといえば、86年の菊花賞、サクラスターオーが競争中止となった87年の有馬記念の勝ち馬。そして数年前に死去したメジロマックイーンの半兄でもあります。そういえば、マックイーンの父であるメジロティターンも数日前に亡くなったばかりでしたね。 他にも先日は、カツラノハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムービースター

ムービースターとダイナアクトレス。 ムービースターは中距離の重賞を4勝しているけど、一番記憶に残ってるのはダイタクヘリオスとメジロパーマー、そしてトウカイテイオーの3頭が作り出したハイペースをレッツゴーターキンと共に後方からやってきて2着となった1992年の天皇賞・秋。ダイナアクトレスは名牝と呼べるレベルの馬だけど、何故だかシリウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋華賞

京都の内回りで内枠はブエナにとってマイナス材料。 一旦さげて外回すなんてしたら届かないだろうし、アンカツがどう乗るか見ものだと思ってました。 で、結果ハナ差2着。しょうがないかと思っていたら降着。 審議対象がブエナだと色々と問題がありそうだけど大丈夫だったのかな。 結局、ベガと同じ3着か…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winning Post 7 2009

グランツーリスモもあるのだけど、もっぱら「ウイニングポスト7 2009」ばかりやってます。 なんかもう滅茶苦茶、面白い。 このゲーム、6までとは違って1984年からスタートして実在した競走馬を自分で所有したり、自分で作った競走馬で打ち負かすことができる。2009年以降は今までのように架空の世界で継続してプレイできるので、過去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェアリーステークス&シンザン記念

京都金杯の馬券を払い戻しに行ったついでに、フェアリーSとシンザン記念の馬券を購入。 結果、フェアリーSの方は馬単3,690円を的中、シンザン記念は残念ながら外れて、合わせるとほんの少しだけマイナス。 昨年秋は散々だったけど、今年は(まだ始まったばかりだけど)トータルでプラスなので現段階では悪くはない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度代表馬

ダイワスカーレットは強いけど、G1を2勝したウオッカが年度代表馬というのは、まあ納得。 で、何となく思い出したのが1993年。この年の年度代表馬はビワハヤヒデだが、G1勝ちは菊花賞の1勝のみ。 他には、安田記念と秋の天皇賞を勝っているヤマニンゼファー、桜花賞、オークスを勝って牝馬二冠を達成したベガもいたので、なんで1勝しかしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有馬記念

あれこれ悩んだ挙げ句、いつもみたいにバラバラ買うのではなくダイワスカーレット、マツリダゴッホの馬単のみで勝負。点数が少ないぶん1点あたりの金額を厚めにして、さらに有馬記念ということで投資額もプレミアムでした。 で、ダイワスカーレットは期待通りでしたが、マツリダゴッホはいつもより後ろの位置取り、早めの捲りに直線は伸びずに惨敗。得意の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップダート

外人騎手が乗る馬は無条件で買おうと先週思ったばかりなのに、1週間たったら忘れてまた失敗。 エリザベス女王杯のルメール、先週のデムーロ、そして今週もまたルメール、日本人と何が違うのか判らないけど、とにかく外人騎手が強い。 現在のダート最強であるヴァーミリアン、その前のダート最強馬だったカネヒキリ。流石に2度の屈腱炎で2年以上も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップ

今週も駄目でした。 本線はマツリダゴッホからディープスカイ、オウケン、サムソン、アサクサへの馬単流し。あとはマツリダゴッホの単勝、さらにトーホウアランから馬連総流しといった感じ。 やっぱり日本馬に外人騎手が騎乗する場合は注意が必要ですね。 スクリーンヒーローの勝利がフロックかどうかは、今後のレース次第でしょうか。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルCS

先週に続き、今週も駄目でした。 マルカシェンクからの馬連総流し、ローレルゲレイロからファイングレイン、スズカフェニックス、マイネルレーニア、ラーイズアトーニー、キストゥヘヴンへの馬単(マルチ)、その他にもブルーメンブラットからの馬単数点。いつもなら消すような馬ばかりだけど、今回はハッキリと買いたい馬がいないので絞りきれずに60点く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯・結果

ポルトフィーノが1着、2着はリトルアマポーラ…。 ではなく、ポルトフィーノはカラ馬だったから、1着はリトルアマポーラでカワカミプリンセスが2着という結果。 まあ、ポルトフィーノも落馬した武豊騎手も大きな怪我は無かったようなので良かったです。 馬券は外しましたが、ルメールやられたということで、しょうがないですね。 初騎乗でこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯

久しぶりに朝から競馬場に足を運び、1レースから最終レースまで全て(+京都12レース)勝負。 結果、1レースの馬単700円および2レースの馬連520円のみ的中し、3レース以降は全レース外しました。 というわけで、全く流れが向いてない中で明日(もう今日か…)のエリザベス女王杯。 色々迷いはしましたが、今回のメンバーならカワカミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグリキャップ

たった今、NEWS23でオグリキャップが東京競馬場に来たときの様子をやっていた。 やはり随分と白くなっていますね。 とりあえず、現役時代は一流馬とは思えない無茶なローテーションで使われた馬なので、余生はノンビリと過ごして欲しい。 そういえば、当日は4歳時(あえて当時の馬齢表記)にオグリに乗った河内と岡部もジョッキーマスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞・秋

ディープスカイ、サクラメガワンダー、オースミグラスワン、ハイアーゲーム、タスカータソルテの馬連ボックスおよびアドマイヤモナークからの馬連総流しとアドマイヤフジからの馬連総流しで計42点。我ながら男らしくない買い方だと思います。 結果は当然のように玉砕。昨日のスワンSを取ったからというのもあるが、名勝負だったので負けても納得の結果です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディープインパクト敗れる

単勝1.3倍と圧倒的な人気を集めたディープインパクトですが、残念ながら有馬記念を制することはできませんでした。 多くの人がこの結果に嘆いているようですが、競馬に絶対はありません。 負けたからといって、無敗での三冠制覇という記録に傷がつくわけではないし、1度や2度負けても、次に勝てば良いだけのことです。 今回は勝ったハーツクライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more