テーマ:ニュース

ビワハヤヒデ

今日の午前中、仕事中にサボって見ていたネットニュースでビワハヤヒデが亡くなったことを知りました。 先日、ナリタタイシンが亡くなったと思ったら、今度はビワハヤヒデ。この二頭にウイニングチケットを加えた三頭がBNWと呼ばれる三強体制を築いていた時代を懐かしく思います。 ビワハヤヒデと言えば、三冠馬ナリタブライアンの兄としても有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールドアリュール

ゴールドアリュールが急死したらしい。 明日のフェブラリーSにも産駒のゴールドドリーム、コパノリッキーの2頭が出走。サインとかそういうのではないと思うけど、よりにもよってこのタイミングとは。 謹んでご冥福をお祈りいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーボーイ

シンボリルドルフの悲報の数日後、サッカーボーイ死去のニュースもありました。 サッカーボーイといえばマイルチャンピオンシップは勿論だけど、やっぱり函館記念かな。 同世代っていうと、なんといってもオグリキャップなわけですが、もしサッカーボーイが無事であったなら同じようにマイル~中距離の得意な二頭はどうなっていたのだろう。 昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンボリルドルフ

少し前のことになりますが、シンボリルドルフ死去というニュースがありました。 ルドルフといえば、日本競馬史上初の無敗での三冠馬。ディープインパクトが同じく無敗での三冠を達成した今でも史上最強馬に挙げる人は多いと思います。 そして、種牡馬としても初年度産駒からトウカイテイオー、キョウワホウセキを輩出し、以降も大成功を収めると思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフサイドトラップ

98年の天皇賞・秋を制したオフサイドが亡くなったそうです。 で、気になったがYahooの見出し。 確かに98年の天皇賞・秋といえばサイレンススズカが競争中止となったレースだけど、これはない。 わざわざ「スズカ悲劇の98天皇賞馬」なんて書かないで、ちゃんとオフサイドトラップと書いて欲しい。 98年といえばナリタブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパークリーク死去

オグリキャップに続き、今度はスーパークリークが亡くなったそうです。 数多くのG1を勝ってきた武豊騎手ですが、その始まりはこの馬でした。 今でも武豊というと、ディープインパクト等ではなく、この馬を思い出します。 これで三強はイナリワンだけになってしまいましたね。 また一つ時代の灯が消えたような気がして何だか寂しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグリキャップ死去

オグリキャップが亡くなったことをニュースで知りました。 正直、3強といわれた3頭の中では、ムラッ気があっても強いときは強いイナリワンが一番好きでした。それでも、中央入りからタマモクロスとの芦毛対決、5歳(現4歳)の春は全休だったとはいえ秋の6連戦、しかもマイルCS、ジャパンカップの連闘は、どちらも激戦だっただけに驚いたものです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バブルガムフェロー

バブルガムフェローが肺炎のため死亡したそうです。 1996年の天皇賞・秋、当時の僕は本当にお金がなくて、負けたら携帯代も払えない状況でした。そんな中、一番人気のサクラローレルを外して、当時4歳(現3歳)だったバブルガムフェローからマヤノトップガン、マーベラスサンデーに流して勝負。結果、バブルガムフェローのおかげで携帯代も払え、尚か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落馬

一昨日の話だけど、16頭中9頭が落馬したニュースには驚きました。 次々と落馬していく映像を何度も見ましたが、何度みても信じられない光景。通常のニュースでパトロールビデオが何度も流れるなんて思ってもいませんでした。 個人的に落馬で思い出すのは岡潤一郎の事故。あのときは後続の馬に踏まれる岡の姿が衝撃的でした。 今回は内田博幸騎手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロデュレン

数日前、メジロデュレンが死去したことをニュースで知った。 メジロデュレンといえば、86年の菊花賞、サクラスターオーが競争中止となった87年の有馬記念の勝ち馬。そして数年前に死去したメジロマックイーンの半兄でもあります。そういえば、マックイーンの父であるメジロティターンも数日前に亡くなったばかりでしたね。 他にも先日は、カツラノハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムービースター

ムービースターとダイナアクトレス。 ムービースターは中距離の重賞を4勝しているけど、一番記憶に残ってるのはダイタクヘリオスとメジロパーマー、そしてトウカイテイオーの3頭が作り出したハイペースをレッツゴーターキンと共に後方からやってきて2着となった1992年の天皇賞・秋。ダイナアクトレスは名牝と呼べるレベルの馬だけど、何故だかシリウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オグリキャップ

たった今、NEWS23でオグリキャップが東京競馬場に来たときの様子をやっていた。 やはり随分と白くなっていますね。 とりあえず、現役時代は一流馬とは思えない無茶なローテーションで使われた馬なので、余生はノンビリと過ごして欲しい。 そういえば、当日は4歳時(あえて当時の馬齢表記)にオグリに乗った河内と岡部もジョッキーマスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロラモーヌ

2005年9月22日にメジロラモーヌが老衰のため、この世を去りました。 メジロラモーヌは1986年に史上初となる牝馬三冠を達成し、2003年にスティルインラブが達成するまで、長い間、唯一の牝馬三冠馬でした。 因みに牝馬三冠だけでなく、そのトライアルレースも全て制しています。 メジロ牧場というと、メジロアサマ、メジロティター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more