Winning Post 8 2017

毎年発売されるシリーズものゲームで必ず買っているものが二つあります。一つがプロ野球スピリッツ、もう一つがウイニングポスト。とはいえ、プロスピは2015年を最後に出なくなったので現在はウイポのみです。

で、今年もウイポの新作が出たのでVita版を購入しました。
因みにウイポの8が最初に発売されたのは2014年で、それ以降は2015年、2016年とマイナーチェンジ版が発売され今回は2017年版になります。毎年出てるけど正直なところゲーム内容はほぼ同じで一部データが最新になっている程度。今年で言えば、大阪杯やホープフルSがG1なっていたり、昨年デビューした新人騎手が増えたりといった感じ。例えば話題になった藤田菜七子騎手(実名ではないけど)などが追加されています。あと新しい秘書が選べるとかもあるけど、ハッキリ言ってどうでもいいです。

ウイポ8はゲーム開始時に、1982年とタイトルについている年の翌年、どちらからスタートするか選択します。ゲーム内の競馬界は1982年からタイトルについている年までが史実期間で、それ以降が架空期間。1982年から始めると史実期間後に架空期間に入っていきます。
僕はいつも1982年から始めるのですが、史実期間を終えることなくやめてしまいます。なので新人騎手が増えたところで登場するまで至りません。更には大阪杯がG1になったのは今年なので過去の大阪杯までG1なのはおかしいとかあるけど、その辺はゲームと割り切るしかない。
なんていうか、新しいものを買う意味が全く無いように思えます。

今回は、少し前にPS4を買ったのでPS4版とVita版どちらにするか悩みましたが、このページによるとストーリーデータはクロスセーブに対応しているので引き継ぎ可能だけど、エディットデータは他機種間の移行が出来ないようです。
最初の無印8を買ったときに騎手、調教師、馬主、牧場関係を数十時間掛けてエディットで実名化しました。それを2015に移行して追加分のみ修正。更にそれを2016と移行して追加分を修正。今回も同様に追加分の修正をおこないました。もしPS4版を買っていたら追加分だけでなく、最初からエディットしなければならないと考えると面倒くさいのでVita版を選びました。

ゲーム内容に関しては大きく変わることもなく、いつものウイポです。レース前のロードが長かったり、オート進行が遅かったりするのもVita版は前からなので今更あれこれ言うつもりもありません。
とはいえ、もしこのゲームを買おうと思っていてPS4やPC版どれにするか悩んでいるのであれば、外でやりたい、布団の中で寝転がってやりたい、もしくは僕と同じような理由とかでなければ、Vita版ではなくPS4もしくはPC版を買った方がストレスは少ないと思います。

それにしても、無印から対して変わっていないのに毎年フルプライス。もっと言うとタイトルこそ8ですが7と大きく違わないので、十数年前に発売された無印の7から毎年マイナーチェンジを繰り返しているだけに思えます。正直どうなんだろう。

以前はダビスタをはじめ数々の競馬ゲームがありましたが、まともに続いているのはウイポくらい。出るだけマシと思うしかないのかな。因みにスマホで出ているダービースタリオンマスターズ、ウイニングポストスタリオン、ダービーインパクトなども少しやりましたが、どれも長続きしませんでした。やっぱりゲーム機で競馬ゲームをプレイしたいです。


Winning Post 8 2017 - PS Vita
コーエーテクモゲームス
2017-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Winning Post 8 2017 - PS Vita の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック