余震

今日一日、小さな揺れが何度もあった気がする。

とはいえ、最近は体が地震を記憶しているようで、本当に揺れているのか気のせいなのか、よく判らなくなってます。
もしかしたら今までなら気にしなかった揺れに、気付くようになっただけかもしれません。

で、この小さな揺れというのは東京での話で、これが福島だと震度5強とかだったりしたみたいです。
最初の地震だけでも大変だったのに、原発に起因する放射能、さらにはその影響により牛乳や作物を出荷できない状況になり、ここ最近の大きな余震。現地の人たちは本当に辛い思いをしていると思います。

東京の水道水から基準値を超える放射性物質が検出されたというニュースがありました。
どの程度の危険性なのか判りませんが、これでミネラルウォーターの買い占めとかする人が出てくるのでしょうか。福島および周辺の県に比べればマシな状況なのに、停電ごときでガタガタ言ったり、ACのCMにしつこいと文句を言ったり、実にしょうもない。恐らく普段通りの生活ができないのが不満なだけだと思う今の東京は。

今まで電気は無造作にあるものだと思っていました。
節電のために商業施設の照明の数が減って薄暗かったり、駅のエスカレーターなんかが止まっているのをみて、こういったものも電気あってこそなんだと改めて気付きました。
正直、火力や水力より原発の方が効率良く発電できるから今後増やしていった方がいいと考えていました。勿論、核燃料を使う以上はリスクが伴うのは理解してましたが、技術でそのリスクを全て受け止めることが可能だと根拠も何もなく思っていました。今回の件で、本当に何の根拠もなく勝手な思い込みだったのだと思い知りました。

計画停電が始まった当初は、節電意識があった気がするけど日が経つにつれ段々雑になってきている気がする。とはいえ、計画停電自体いい加減な感じだし、何から何まで適当な気がする。
そもそも23区は殆ど対象外とか、東京のために周りの県、市町村が我慢を強いられているのはどうなんだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック