オグリキャップ死去

オグリキャップが亡くなったことをニュースで知りました。

正直、3強といわれた3頭の中では、ムラッ気があっても強いときは強いイナリワンが一番好きでした。それでも、中央入りからタマモクロスとの芦毛対決、5歳(現4歳)の春は全休だったとはいえ秋の6連戦、しかもマイルCS、ジャパンカップの連闘は、どちらも激戦だっただけに驚いたものです。
休み明けをレコード勝ちした6歳春の安田記念、低迷から復活したあの有馬記念。良くも悪くも型破りな馬でした。

オグリが出てくる前は「シンザンより強い馬は出てきても、ハイセイコーより人気のある馬は出てこない」なんて言われてましたが、当時のオグリ人気は凄いものでした。流石にハイセイコーの時代は知りませんが、オッサンしかいなかった競馬場に若い女性を引き込んだ競馬ブームの立役者は、間違いなくオグリキャップです。

同馬の冥福を心よりお祈りいたします。


銀の夢―オグリキャップに賭けた人々 (講談社文庫)
講談社
渡瀬 夏彦


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オグリキャップ死去

    Excerpt: 競馬をやり始めた年に劇的な有馬記念優勝を果たしたオグリキャップがこの世を去ってしまいました。脚を骨折したのが死因とか。25歳という高齢では小さなケガでも致命傷になったのでしょうか。競馬界の大きな一時.. Weblog: にたろうの退屈な日々 racked: 2010-07-04 11:29