シンガポールGP決勝

終わってみれば表彰台はハミルトン、グロック、アロンソの順、その後にチャンピオン争いを繰り広げるベッテル、バトン、バリチェロ。

今年はバトンの独走で始まって、それが失速したと思ったらレッドブルの飛躍。その後はフェラーリ、マクラーレンが復調の兆しをみせたかと思ったらフォース・インディアが好走するようになったり、開幕前は予想もしなかった展開になりました。でも残り僅かでバトンとバリチェロの差が15ポイントだけど、このままバトンが1勝もせずにチャンピオンというのはなんか嫌だな。

とりあえず、次の鈴鹿は現地観戦。どうなるか楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック