DRAGONBALL EVOLUTION

批判するにも観ないことには始まらないと思い、ドラゴンボールの実写版映画「DRAGONBALL EVOLUTION」を観てきた。

これから観る人もいると思うので内容には触れないが、漫画とは別物であるのは予想通り。
登場人物の名前だけで原作を無視した作品と思いきや、どうでもいいところで原作の設定が微妙に混じっているのが絶妙。名作とは別のベクトルで異常なまでに面白かった。

てゆうか、最初の方の学校のシーンとか気の練習のシーンとか面白すぎ…なんていうか、この悟空じゃ筋斗雲に乗れないだろ…。
ゲームに例えるとドラクエやスーパーマリオ的な面白さではなく、いっき的な面白さ。「え、竹やり取ったら前にしか攻撃できなくてパワーダウンじゃん!」「うわー、不細工に取り付かれた!」とかそんな感じの面白さだと思う。

とりあえず、恐らく興味本位で観に来た人が殆どだと思うけど、かなり客も入っていたので思わぬ大ヒットで続編が作られそうで怖い(別にいいけど)。一番最後のシーン(浜崎の曲のエンディング後。観ないで席を立った人多数)を見る限り、スタッフ?は続編を作る気満々の様だし…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック