年度代表馬

ダイワスカーレットは強いけど、G1を2勝したウオッカが年度代表馬というのは、まあ納得。

で、何となく思い出したのが1993年。この年の年度代表馬はビワハヤヒデだが、G1勝ちは菊花賞の1勝のみ。
他には、安田記念と秋の天皇賞を勝っているヤマニンゼファー、桜花賞、オークスを勝って牝馬二冠を達成したベガもいたので、なんで1勝しかしていないビワが年度代表馬なのかと話題になりました。

当時は、短距離路線より中長距離が重んじられていたので、マイラーだったヤマニンゼファーには厳しい結果になったのかも。とはいえ、天皇賞・秋を勝っているヤマニンゼファーは短い距離だけの馬というわけではありません。
ベガに関しては、牝馬限定レースでの2勝だったのが評価に影響したのでしょう。
まあ、ビワは皐月賞、ダービー、有馬記念とG1での2着が3回もあったので、その辺りが評価されたのだと思います。

奇しくもウオッカが勝った2勝はヤマニンゼファーと同じ安田記念と秋の天皇賞。そして、1993年時点(てゆうか、最後のレースとなった1994年の天皇賞・秋を除く)のビワハヤヒデと現時点でのダイワスカーレットは共にデビュー以来、連対率100%ですね。

そういえば、1993年の有馬記念を勝ったトウカイテイオーは、1年ぶり(中363日だったかな…確か)のレースで勝利したということで特別賞を受賞しました。
そういう意味では、37年振りの牝馬による有馬記念制覇を達成したダイワスカーレットにも特別賞くらいはあげても良いように思えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック