エリザベス女王杯・結果

ポルトフィーノが1着、2着はリトルアマポーラ…。
ではなく、ポルトフィーノはカラ馬だったから、1着はリトルアマポーラでカワカミプリンセスが2着という結果。

まあ、ポルトフィーノも落馬した武豊騎手も大きな怪我は無かったようなので良かったです。
馬券は外しましたが、ルメールやられたということで、しょうがないですね。
初騎乗でこれだけ乗れるというのは流石というか…正直、幸四郎だったらこの結果にはならなかったと思います。

で、スタート直後の落馬というとG1だと記憶にあるのは、1993年の日本ダービーでのマルチマックスでしょうか。
今回は一瞬で40億円分の馬券が紙屑になったらしいけど、あの時はどれだけの額が吹っ飛んだのだろう。ダービーだから今回以上にと思ったけど、考えてみたらあのレースは、ビワハヤヒデ、ウイニングチケット、ナリタタイシンの3頭が中心だったし、マルチマックスは人気薄だったから影響は少ないか。

あれから15年以上経つのですね…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック