プレイステーション3の消費電力

すっかり忘れていましたが、もうすぐ「プレイステーション3」が発売するみたいです。

とりあえず、発売直後に買うつもりは無いし、しばらく様子を見るつもりですが、少し前に目にした記事によると「プレイステーション3」は最大で380Wの電力を消費するそうです。
以前「Xbox 360」が最大254Wもの消費電力であると書きましたが、まさか「プレイステーション3」がそれを上回る消費電力だとは思いもしませんでした。
「Xbox 360」のように、巨大なアダプタにファンを内蔵なんてことはないと思いますが、消費電力が380Wというのは凄いですよね。

それにしても、約4Wのファミコンの95倍、8Wのスーパーファミコンと比べても50倍弱です。
単純に考えて同じ時間やれば、それだけ電気代が掛かることになり、さらには地球にも優しくありません。
車なんかだと年々、規制が厳しくなって低排気車が増えてきていますが、ゲーム機に関しては、映像などは進歩しても環境面では時代に逆行しているように思います。
もちろん、最大電力が380Wなので軽負荷時はそれよりも低いと思いますが、それでも4W、8Wってことは無いと思うので、子供にクリスマスプレゼントで「プレイステーション3」を買い与えたばかりに、翌月の電気代の請求がトンでもないことになる家庭とかありそうですよね。
まあ、高額なゲーム機を子供に買い与えるような家庭であれば、電気代程度は大したこと無いかも知れませんが、地球温暖化を考えると、やっぱりファミコンが最適です。

この記事へのコメント

2006年11月10日 17:14
記事を拝見しました。着目点がなかなか良いですね。
消費電力が高くなると電気代が高くなるもっともな話です。
例:1日につき2時間ゲームをすると電気代がいくらか。
使用量の単位は1KWHです。1KWHは20円とします。
1000W=1KW 1KW×1H(時間)=1KWH
つまり1000Wのものを1時間使うと1KWH計量されます。
380W=0.38KW
1日の使用量=0.38KW×2H=0.76KWH
30日の使用量=0.76×30日=22.8KWH≒23KWH
電気代=23KWH×20円=460円
高いか安いかは人それぞれの感じ方捕らえ方があります。
明日、発売されますね。楽しみです。
マイナーチェンジする際に、消費電力が低くなると良いですね。 
2006年11月11日 00:29
ピーターキャットさん、コメントありがとうございます。

計算してみると解りやすいですね。
60時間で460円なら気にする必要はないと思う人が多いかも知れませんが、それでもファミコン時代よりゲーム機がしめる電気代の割合が飛躍的に増えているのは考えものだと思います。

プレイステーション3を上回る電化製品というと電子レンジやドライヤーといったところでしょうか。
とはいえ、これらの製品は長時間使うということは、まず無いし、それらと比較するのはおかしいですよね。
家庭にあるもので380Wというと大体、デスクトップPCが近いと思います。
メーカー製のPCだとこれよりも少ないだろうし、僕のマシンなんかはパーツ構成からいってそれ以上ですが、ゲーム機の消費電力がデスクトップPCと肩を並べるようになってきているのは感慨深いものがあります。

この記事へのトラックバック