2006年・ブラジルGP

今季最終戦のブラジルGP決勝、PPスタートのマッサが優勝しました。

2位はアロンソ、3位バトン、4位はこれがラストランとなるミハエル・シューマッハ、以降はライコネン、フィジケラ、バリチェロ、デ・ラ・ロサ、クビサ、そして佐藤琢磨が今季最高の10位という結果です。
マッサが母国GPで優勝、そして2年連続となるアロンソのドライバーズタイトル、ルノーのコンストラクターズタイトルが決定しました。

それにしても、ミハエルのラストランが、あのような形で終わるというのは因果なものですよね。
10番手スタートながら、一気に6番手まで浮上してフィジケラをパスしたと思ったらリアタイヤがバースト。ピットでタイヤ交換を済ませて最後方から追い上げてきたと思ったらマシンの調子が悪くて失速。クビサやフィジケラをパスし、直後に再度抜かれる場面を観たときは、なんとも歯痒く思いましたが、それでも最後は4位でチェッカーを受けるあたりは流石です。
考えてみたら、予選といい、鈴鹿でのエンジンブローといい、最後の最後で運に恵まれませんでしたね。
有終の美を飾るのが、F1では難しいことなのだと改めて感じました。

なにはともあれ、いよいよ2006年のF1も最終戦が終了しました。
ミハエル・シューマッハはF1から去り、来季は、アロンソがマクラーレン、ライコネンはフェラーリに移籍とドライバーのラインナップが大きく替わります。

何だか、一気に新時代に突入という感じがしますよね。
若いドライバーが中心になって、今まで以上に面白いシーズンになることを期待したいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック