New Machine

先週、新しいPCを組みました。

故障したメインPCの代わりとして組んだのですが、今回も前回組んだときと同様、3Dのゲームが快適に動くこと、コスト度外視(限度はありますが)をコンセプトに組んでいます。
その結果、以下のようなスペックとなりました。

 CPU : Intel Core 2 Duo E6600(2.40GHz/FSB 1066/L2 4MB)
 M/B : GIGABYTE GA-965P-DQ6(Intel P965)
 Memory : DDR2-667 2GB(1GB * 2)
 VGA : ELSA GLADIAC 979 GX2 1GB(GeForce 7950 GX2 1GB)
 HDD : 300GB(SATA2/300)
 Power : OWL-PSGMR650(650W)
 Case : OWL-PCOX22(BB)

CPUが最新の「Core 2 Duo」になり、それに併せてチップセットも「Intel P965」となっています。
あとは、グラボが「GeForce 7950 GX2」というのがポイントでしょうか。
DVDドライブ、フロッピードライブ等は以前、使っていたPCのものを流用しています。

一般的な感覚を持った人間であれば、10万円弱するグラボなんて、まず買わないと思います。
ハッキリいって、僕もゲーム以外では高性能なグラボなんて必要ないのですが、3Dのゲームを快適にプレイするためだけに、このグラボを選びました。
このあたりの感覚は、ゲームをやらない人からみたら、頭がおかしいと思われるかもしれません。

とりあえず、今のところは初期不良や相性問題もなく快調に動いています。
OSをインストールして、少し触ってみましたが、何をするにも以前のマシンよりも驚くほど速いです。
まあ、CPUやVGAだけでなく、メモリやHDDの影響もあると思いますが、全体的なパフォーマンスは確実に上がっています。

あと、PCを新調したついでに、19インチのディスプレイも購入しました。
こちらは、今流行?のピカピカ画面の液晶なのですが、目がチカチカして長時間の作業には向かない気がします。
確かに見栄えは良いですが、DVD鑑賞とかがメインではないので選択を誤ったかもしれません。

現時点では、オーバースペックなマシンですが、時の流れとともにPCの高性能化が進むことを考えると、安価なマシンを組むよりは息の長い活躍をしてくれると思います。
突然、プラットフォームの移行が急激に進んだりしない限り、しばらくは安泰といったところですかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック