2006年・トルコGP決勝

トルコGP決勝は、PPスタートのマッサが参戦4年目にして初優勝を飾りました。
2位はアロンソ、3位ミハエル・シューマッハ、4位はホンダのバトンで、以降はデ・ラ・ロサ、フィジケラ、ラルフ、バリチェッロ、トゥルーリ、ウェーバーという結果です。

マッサにとっては、予選でのPP獲得も初なら、決勝でも初優勝を果たせたのだから最高のGPとなったのではないでしょうか。フェラーリとしては、ミハエルが優勝することが理想だったのでしょうが、今回のような場合はしょうがないですよね。なにはともあれ、素直にマッサの初優勝を祝福するべきだと思います。

マッサの優勝然り、アロンソとミハエルの勝敗を分けたのは、13週目にリウッツィのスピンで投入されたセーフティカーでしょうか。このタイミングで、フェラーリはマッサとミハエルが同時にピットに入りましたが、マッサの作業終了をミハエルが待つことになり、その間に同じくピットインしたアロンソに前に出られてしまいました。
しかし、この場面はコースに留まったところでセーフティカーに頭を抑えつけられるわけだから、このタイミングでピットに入らないと、結局は次のピットインで順位が入れ替わることになります。
なんていうか、ミハエルにとってはセイフティカーが投入されるタイミングが悪かった。逆にアロンソにとっては、運が味方したといったところですかね。

終盤のミハエルの追い上げは凄かったですが、アロンソとの駆け引きこそあれど逆転するまでには至りませんでした。この辺りは、コース上でのバトルだけでなく、運を味方につけた方が勝つというF1の奥深さを感じました。

タイトル争いをしている2人だけでなく、コース上の全てのドライバー、ピットクルー、マシンの性能、天候、作戦、これらが複雑に絡まりあってF1を形成していて、タイトル争いを制するには実力は勿論、運も必要なのだと思います。
過去にも、実力はあるのに運に見放されてタイトルを逃したドライバーというのを何人もみてきました。
現役ドライバーでいうと、ライコネンとかがそれに近いものがありますかね。
実力的にはタイトルを獲得してもおかしくないのに、その辺りがアロンソとの差になっている気がします。

とりあえず、今回はアロンソが2位で、ミハエルは3位という結果だったので、タイトル争いは10ポイント差から12ポイント差に拡がってしまいました。
ですが、チームランキングの方は、マッサの優勝によりフェラーリがルノーに2ポイント差まで迫っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック