悪魔城ドラキュラ

一昨日、「ゼルダの伝説」について書きましたが、現在は同時購入した「悪魔城ドラキュラ」をプレイ中です。

「ゼルダの伝説」は、その後、レベル9のダンジョンも突破して無事クリアすることができたのですが、この「悪魔城ドラキュラ」は難易度が高くて思うようにいきません。
とりあえず、1面はあっさりとクリアできたのですが、それ以降の面では苦難の連続です。
特に2面のメデューサの首が放物線上に飛んでくる場所では後ろに弾かれて、何度も穴に落ちて死にました。
このときは、本当に「ニンテンドーDS Lite」本体を投げつけたくなりました。

で、何度も死にながら、なんとか4面まではいったのですが、現在は4面のボスであるフランケンシュタインを倒すことができません。
てゆうか、ボスのところに到達する頃にはボロボロの状態だし、場合によってはボスまで到達する前にゲームオーバーになってしまいます。
小学生の頃は、このゲームをクリアすることができたのですが、最近はこの手のゲームをやっていなかったので腕が鈍っているようです。

まあ、難易度が高いゲームではありますが、決してつまらなくはありません。
何度死んでも、少しずつ上手くなってクリアできるようになったときは達成感のようなものがあって気分が良いです。
音楽は良いし、グラフィックも最近のゲームのように綺麗ではありませんが雰囲気は良くできていると思います。

それにしても、「魔界村」にしろ「悪魔城ドラキュラ」にしろ、この当時のゲームって何度も死なないと上手くならないものが多いですよね。
因みに、僕は「魔界村」の1面をクリアするのがやっとなので、それに比べたら「悪魔城ドラキュラ」は、まだ楽な方だと思います。

僕の記憶だと「悪魔城ドラキュラ」で一番の難所は、5面の死神のところでした。
なので、4面で苦戦しているようでは、まだまだクリアするには時間が掛かりそうです。

ファミコンミニ 悪魔城ドラキュラ
ファミコンミニ 悪魔城ドラキュラ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック