1000万回の打鍵に耐えるキーボード

何気なくネットを見ていたら「1000万回の打鍵に耐えるアルミ削り出しキーボード」という記事がありました。

実は、今のデスクトップPCを使い始めて2年半ほどになるのですが、その間に3回ほどキーボードを壊してしまいました。
現在は4つ目のキーボードを使っています。

普通はキーボードなんて、それほど壊れるものでは無いと思われるかもしれませんが、僕の場合は打鍵が強いせいか壊してしまいます。
なので、1000万回の打鍵に耐えるというのが、どの程度丈夫なのかは解りませんが耐久性は重要です。

写真で見る限り、独自ファンクションキーのようなものは見あたらずシンプルなデザインで割と好みですが、メカニカル方式が好きな僕としてはパンタグラフ式というのが気になるところです。
PS/2接続ではなくUSB接続というのも残念に思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック