キヤノンも銀塩カメラの新規開発中止を検討

ニコン、コニカミノルタに続き、キヤノンも銀塩カメラの新規開発中止を検討するそうです。

記事には、既存のモデルは今後も製造と販売を続けるとありますが、業績次第では、それもいずれ無くなるのですかね。デジカメが普及して銀塩カメラを使う人が減ったからでしょうが、なんだか寂しいものがあります。

フィルムの要らないデジカメは便利ですが、銀塩カメラならではの持ち味というのがあると思います。
今でも銀塩カメラを使っている人は少なからずいるだろうから、もし市場から消えたら多くの人が悲しむのではないでしょうか。

音楽でも、アナログ盤が消えてCDが当たり前になりましたが、カメラも同じような道を辿るのですかね。
検討するということなので、まだどうなるか判りませんが、僕が生まれる遥か前からあるものがなくなるというのは感慨深いものがあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック