2006年・サンマリノGP決勝

ヨーロッパラウンドの最初となるサンマリノGPの決勝は、PPスタートのミハエル・シューマッハが優勝しました。

2位にアロンソ、3位はモントーヤで、4位以下はマッサ、ライコネン、ウェバー、バトン、フィジケラという結果でした。
ミハエルは昨年のアメリカGP以来の優勝となりますが、昨年のアメリカGPはレース開始早々、ミシュラン勢が安全性を理由に全チームリタイアして6台でおこなわれたレースなので実質、一昨年の日本GP以来となると思います。
フェラーリにとっては地元での勝利だし、ミハエル、フェラーリ双方にとって喜ばしい結果となったのではないでしょうか。

レースは開始早々、アルバースのマシンが空中で何度も回転しながら最後はマシンの底面を上にして着地する大クラッシュでセーフティカーが導入されました。
少し前にバトンが「井出有治は危険なドライバー」と発言したそうですが、その井出有治のマシンがアルバースのマシンに接触したのが原因です。
幸いアルバースは無事だったようですが、一歩間違えれば大惨事になっていたと思います。

セーフティカーが解除されると、ミハエル、バトン、マッサ、アロンソの順でレースが進み、トップのミハエルは最初のピットインまで順調に走っていました。
ところが、1回目のピット作業を終えるとミハエルのペースは上がらず、2番手に追い上げてきたアロンソとの差が縮んでいきました。

中盤以降はミハエルとアロンソのトップ争いとなり、この2人のバトルは数周にも渡って繰り広げられました。
アロンソは41周目に予定よりも早くピットに入って逆転を狙いましたが、ミハエルも次の周にピットに入りアロンソの前で復帰。その後もミハエルとアロンソの争いはレース終盤まで続き、残り4周でアロンソが痛いミスでコースオフ。これで楽になったミハエルが今季初の優勝、アロンソは2位となりました。

サンマリノGPは久々のミハエル勝利で終わりましたが、ポイントランキングは依然としてアロンソがトップです。
次戦は5月7日のヨーロッパGPになります。

とりあえず、よくミハエルとアロンソのバトルになると新旧王者対決なんて言われますが、たまはヴィルヌーヴのことも思い出してあげた方がいいと思います。

この記事へのコメント

よっすぃ~♪
2006年04月24日 07:00
田植えばかりな生活だったのでサンマリノは忘れてました(-_-;また、バトンは駄目でしたか!車は良いのに全く不甲斐ないダメバトンだね^_^;
2006年04月24日 21:14
よっすぃ~♪さん、はじめまして。

いやいや、バトンはダメじゃないですよ(笑)
ホンダは作戦ミスとかピット作業でのミスが多いですよね。
今回は、バトンもバリチェロもそれで順位を落としてました。

もう少しピットが上手くサポートしてあげれば、良い結果を得られるんじゃないかなと思います。

この記事へのトラックバック