ツーリスト・トロフィー

2月2日に発売された「ツーリスト・トロフィー」を購入して、現在プレイ中です。

制作したのが同じだけあって、思った通り「グランツーリスモ」のバイク版といった感じですが、二輪ならではという部分もあって、かなり面白いです。
「グランツーリスモ」シリーズが好きで、バイクも好きという人であれば、楽しめるゲームではないかと思います。

コーナーを曲がるときの感覚は四輪とは違うし、個人的には、右スティックを上に倒すとアクセル、下に倒すとフロントブレーキ、R2ボタンがリアブレーキというのが、バイクっぽくて良いと思いました。

で、概ね満足してはいるのですが、気になるところが無いわけではありません。
排気量毎にイベントがあるのに、中型以下のバイクが少ないです。
スクーターまで収録されているのに、CB400SFやゼファー400などの人気車種が収録されていません。
これらの車種は、大型のほうは収録されているのですが、それでも納得できない人は多いと思います。

あと、レースで走る台数が、最大で自分を含めて4台というのも、やはり寂しい気がします。
これに関しては、「グランツーリスモ4」と同じくらいグラフィックが綺麗なので、台数を制限するしかなかったのかもしれませんが、「MotoGP」では20台以上走っているのだから、少しぐらいグラフィックが悪くなっても台数を増やして欲しかったです。

「グランツーリスモ」ではレースに勝つと賞金が貰えて、それを貯めることによって車を購入することができます。
ですが、このゲームにはお金の概念はなく、欲しいバイクを選んで、バトルでCPUに勝つ、タイムトライアルで規定タイム以下で完走するなどの決められた条件をクリアすることで新しいバイクが手に入ります。
このシステムは賛否両論だと思いますが、個人的には微妙だなと思いました。

そういえば、「グランツーリスモ」に比べて、ライセンス試験が簡単になったような気がします。
あっさりと全てのライセンスを、シルバー以上で取得できました。
まだ始めたばかりなので、さすがにオールゴールドとはいきませんでしたが、そのうち達成したいと思います。

ツーリスト・トロフィー
ツーリスト・トロフィー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック