月例パッチの1つで「Windows Update」失敗

今朝、会社のPCで「Windows Update」をおこなったのですが、数件あった更新のうちの1つが失敗しました。

どうやら、マイクロソフトが公開した7件の月例パッチの1つで、このような不具合があったようです。
今はもう直っているようですが、脆弱性を修正するための「Windows Update」で不具合というのは、どうなのでしょうか。

記事にある「パッケージの登録情報が正しくないまま公開が行われてしまった」というのが、どのような理由でそうなったのか解りませんが、今までも脆弱性を修復するためのパッチに脆弱性があったりすることは多かったです。
もう少し、なんとかならないものですかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック