FOMA 6機種で通信系の不具合

ドコモのFOMA「SH901iC」「SH700i」「N901iC」「N700i」「P901i」「P700i」で通信系の不具合が発見されたようです。

なんでも、ドコモでは基地局の切り替えをスムーズにおこなうための機能拡張をしているそうで、機能拡張実施済みの基地局同士、機能拡張済みの基地局と未拡張の基地局をまたぐ通信を何度かおこなった場合、携帯電話のソフトウェア処理が適切に働かなくなることがあり、電源を一度もOFFにしないまま使い続けると、音声通信、パケット通信(メール、iモード)が使用できなくなる可能性があるとのことです。
尚、こうした現象が起こった際には、携帯電話の電源を一度OFFにし、再度ONにすると一端は回復するそうです。

幸い、僕の使っている「P901iS」は該当機種では無いようですが、ソフトウェアアップデートで対応するそうなので該当機種をお持ちの方はアップデートしてみてはどうでしょうか。

因みに「P901i」の2005年4月以前に製造された一部と「P700i」の2005年5月以前に製造された端末では、ソフトウェア更新をおこなう際に、ソフトウェアの書換ができなくなる可能性があるとのことなのでお気をつけください。

ドコモ「重要なお知らせ」
FOMA 6機種618万台に通信不能の不具合

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック