マイクロソフト、SONY BMGの「rootkit」駆除

ちょっと前に書いたSONY BMGの「rootkit」まがいのコピー防止ソフトウェアですが、マイクロソフトもこのソフトの駆除に乗り出すそうです。

自社OSの脆弱性に繋がるものなので、それに対応するというのはユーザの反応をみてのことだと思うので文句はありません。
マイクロソフトの対応によってこの問題が解決するのなら良いことだと思います。

だけど、このニュースに関しては特に何もないのですが、「Microsoft AntiSpiware」に関しては疑問があります。
ウィルスやスパイウェアというのは、OSの脆弱性を狙うものなのだから、マイクロソフトはそれに対応するよりもOSの脆弱性を潰すことに注力するべきなのではないでしょうか。
OSを開発しているところが、アンチウィルスやアンチスパイウェアのソフトを開発するというのは、なんだか本末転倒な気がします。

それにしても、ソニーというと常に新しいこと追い求めるモルモット精神は立派だと思いますが、ユーザを実験動物として扱うのは勘弁して欲しいです。

Microsoftも「駆除」決定――SONY BMGの「rootkit」対策に乗り出す

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック