MOURNING WIDOWS

EXTREMEを脱退後、ソロ活動を経てヌーノ・ベッテンコートが結成したMOURNING WIDOWSのデビューアルバムです。

このアルバムの前に発表したソロ作品「SCHIZOPHONIC」では、全ての楽器、ヴォーカル、プロデュースを自身で手掛け、有り余る才能を見せつけてはいましたが、個人的には少し物足りなさがありました。
しかし、この作品では1曲目の「All Automatic」から、凄まじいギタープレイ炸裂で、ギタリストとしてのヌーノの凄さを痛感させられました。

全体的に良い曲が揃っているので、アルバムとしての完成度も高いです。


  1. All Automatic
  2. Paint the Town Red
  3. The Temp
  4. The Air that you Breathe
  5. I Wanna be your Friend
  6. Hotel Asylum
  7. Over & Out
  8. Love is a Cigarette
  9. Too Late
  10. True Love in the Galaxy
  11. Sex in a Jar(demo)
  12. And the Winner is...(demo)


ヌーノ・ベッテンコート&モーニング・ウィド・ウズ
ヌーノ・ベッテンコート&モーニング・ウィドウズ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック