iTunes Music Store

1ヶ月ほど前にiTunes Music Storeが日本でもサービスを開始しました。

どんな感じかなと思いながら見てみたのですが、なんだかんだで結構な数の曲を購入してしまいました。
購入した曲は以下のような感じです。

 ・ルビーの指輪(寺尾聡)
 ・チャンピオン(アリス)
 ・愛のメモリー(松崎しげる)
 ・1986年のマリリン(本田美奈子)
 ・ワインレッドの心(安全地帯)
 ・スローバラード(RCサクセション)
 ・六本木心中(アン・ルイス)
 ・SOMEBODY'S NIGHT(矢沢永吉)
 ・モーニングムーン(CHAGE&ASKA)
 ・負けないで(ZARD)
 ・もっと強く抱きしめたなら(WANDS)
 ・虹の都へ(高野寛)
 ・バンザイ~好きでよかった~(ウルフルズ)

  その他多数…

50曲以上落としたので全部ではなく一部だけですが、見ての通り懐メロと呼ばれるようなものが中心です。
ZARDやWANDSなどは、好きだったわけではないけど懐かしいなと思って購入しちゃいました。

これらの曲は、今ではCDショップなどに置いてなく、わざわざ1曲のためにアルバムを買おうとも思いません。
150円~200円という値段と、家に居ながらにして簡単に買える手軽さだから購入したのだと思います。

正直、参加していないレコード会社もあるので曲が少ないなというのは感じました。
音楽配信が浸透すると利益が減ると考えて参加していないのかもしれませんが、上で挙げたような曲は、音楽配信という手段だから購入したものであってCDを買ってまで聴くことは無かったと思います。
本来、売り上げに繋がらなかったはずのものが購入されるケースもあるのだし、従来のやり方だけでなく音楽配信に関しても積極的になって欲しいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック