Intel搭載のMac

予てより、AppleはIntelのプロセッサを搭載したMacを発売することを明言していましたが、このたび正式に発表されました。
デスクトップの「iMac」は既存モデルよりも2倍高速で、ノート型の「MacBook Pro」に至っては4倍高速になったそうですが、何をもっての数字なのか解らないので何とも言えません。

とりあえず思ったのは、PowerPCからx86系に変わったことで、今まで使っていたソフトの互換性とかは問題ないのでしょうか。
僕は、今までMacを触ったことはないので、もし今後、Macを買ったとしても互換性とかを気にする必要はありません。
ですが、ずっとMacを使い続けてきた人にとっては、これまで使っていたものが使えなくなるというのは問題だと思います。

それともMacユーザはリッチで、ハードを買うとソフトも買い直したりするのでしょうか。
まさか、みんながみんな過去の遺産を捨てるなんてことはないだろうから、このあたりが、どう対処されているのか気になるところです。

そういえば、MacがIBMからIntelに方向転換したのに対して、「Xbox 360」「プレイステーション 3」などのゲーム機はPowerPCを採用してますね。
どのような理由でそうなったのかは解りませんが、なんとなく不思議な感じがします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック